<新規開拓、コスト減注力>


2012年11月01日付 産業新聞より
 全社加工量の5割近くを占める静岡工場は建材向け加工が好調で、加工量も安定的に推移
している。一方、3割を占める神奈川工場では、主要取引先の生産移管の影響で落ち込みが
顕著となっており、8月の加工量は前年比でマイナスに転じた。
 神奈川地区の空洞化は深刻で、日産車体の九州移管をはじめ、自動車産業の縮小、撤退
が相次いでいる。こうした環境変化に合わせ、同社では昨年、拡販部を設置。営業チームと受注
チームの一元化も実施し、女性社員を積極活用することで、営業職の外回りの機会を増やした。
群馬工場では、新規開拓の取り組みが奏功し、加工量は増加傾向にある。・・・・・